函館協会病院からのお知らせ

診療放射線科より新規医療機器の紹介

=診療放射線科から最新のお知らせ=

 

令和元年8月より、一般財団法人日本損害保険協会寄附金(自動車損害賠償保険運用益助成金)

による、令和元年度交通災害等救急医療器械整備事業により、一般撮影部門のCR画像読み取り

システムの更新と、DRシステム(FPD:フラットパネルディテクター 富士フィルムメディ

カル製)を導入しました。

DRシステムの最大のメリットは、撮影後数秒で画像が確認でき、交通事故等による外傷の診断

を迅速に行えます。

また、複数撮影する場合も、あまり患者様を動かさなくても撮影ができ、患者様の撮影時の負担

軽減になります。

被ばくに関してもCRシステムより20~30%低減可能となっております。

 

▲ このページの先頭へ